マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は1979年にジョン・カバット・ジンにより開発された瞑想法です。原点は禅宗の一派である曹洞宗にあるそうですが、宗教的な色彩はほとんどありません。マインドフルネスとは、今現在行っていることに集中し、日常で行っていることをより細かく分析して把握しようとする状態のことです。マインドフルネスはストレス軽減やうつ病の再発防止の目的で認知療法などにも応用されている他、大企業でも研修に取り入れられており、これを瞑想という形で応用したのがマインドフルネス瞑想です

マインドフルネスはストレスへの過敏な反応を抑える効果があり、例えば過去の嫌な思い出を思い返して不快な気分になったり、過去の経験から物事を色眼鏡で見るようになってしまったり、そういう精神状態を改善するのに特に有効であるとされています。

ストレスを溜め込むことは脳出血や心臓発作の原因になるとも言われていますので、そういった命にかかわる症状を抑えるのは健康な生活を送る上で重要になっています。それ以外にも高血圧の改善や血糖値やコレステロールの抑制にも効果があるといわれています。ストレスを溜め込みやすいと感じている人はスポーツクラブでマインドフルネスを試してみてはいかがでしょうか。